MENU

正しいUVケア

2018年4月23日

正しいUVケア


晴れの日は日差しが随分と強くなってきましたね。


今年のゴールデンウィークは、最長9連休の方もいらっしゃるようで、とっても羨ましいです。。。


レジャーにお出かけの方も多いと思います。海や山はもちろん、街でも、室内でも紫外線は容赦なく降り注ぐので、UV対策は万全にして

お出かけください。


今やUVケアアイテムは「日焼け止めクリーム」をはじめ、「UVファンデーション」「BBクリーム」「CCクリーム」「パウダータイプ」「飲む日焼け止め」なんてものまで幅広く発売されています。


普段使いであれば、SPF20~30、PA++~+++

屋外で長時間過ごす時はSPF50、PA++++で対策すると良いと思います。


強い日差しに長時間当たる海水浴や、海外旅行で南の島へ行く時などは「飲む日焼け止め」を併用すると、身体の内側からも紫外線から守ってもらえます。


頬の高くなっている部分やこめかみはシミが出来やすいので、UVケアアイテムを重ね塗りしましょう。


そして、1日の終わりにはしっかりクレンジングしてください。

化粧をした日はクレンジングするけど、休日で日焼け止めしかつけていない日は、洗顔のみという人がいます。肌荒れや乾燥の原因にもなるので気を付けてください。


もしうっかり日焼けしてしまった時は、その日のうちに冷やして炎症を鎮めてあげた後、たっぷり保湿してください。


冷蔵庫にシートパックを常備しておくと、いざという時の応急処置になるのでおすすめです。


1年を通して日々のケアをしっかりして、シミ、しわなど、光老化を防ぎ、美肌をてに入れましょう!

この記事の関連記事

二の腕をスッキリさせるには 5月半ばになり、暑い日も多くなってきました。服装も薄着になり半袖、ノースリーブと二の腕を出す季節になりました。二の腕をスッキリさせるには、腕立て伏せやジムでの筋トレという方法もありますが、間違ったやり方をしてしまう

腰痛とスポーツ    こんにちは  近年、健康意識が高まり老若男女、多くの方が運動をする機会が増えています。 その中で腰痛改善で運動を開始する方もいらっしゃると思います。運動といっても強度は様々です。 ウォーキングや体操からストレ

何歳からでも遅くはないアンチエイジング 昔と比べると疲れやすくなった。どれだけ寝ても疲れが取れない。肌がくすんで見える。シミ、シワ、タルミが気になってきた。髪の毛が細くなり、ハリツヤがなくなった。ダイエットしてもなかなか痩せない。など、若い時


アーカイブ

2019

最新記事


© 2019 All rights reserved.